【大会最終日】8500名熱狂!メダルマッチ

9月8日、『KARATE1プレミアリーグ2019 東京大会』の大会最終日。全種目の3位決定戦と決勝が行われました。

注目のメダルマッチ、1つの決勝タタミを設け、西と南のアリーナ特設席から3階席まで、およそ8500名の観客が押し寄せました。さらに決勝は特別演出として、会場を勝者や得点をとった選手の帯の色のLEDパネルで染めあげました。

多くの観客が全国から来場した日本武道館。世界最高峰の技術に、日本選手、海外選手をとわず多くの声援が送られました。

日本選手団も大声援に応え、金8銀3銅8と、メダルラッシュ。形種目では男女個人団体4種目を全て優勝し、組手でも10種目中4種目を制しました。

<優勝者・チーム>
女子組手-50kg:BAHMANYAR SARA(IRI)
女子組手-55kg:TERLIUGA ANZHELIKA(UKR)
女子組手-61kg:LOTFY GIANA(EGY)
女子組手-68kg:ZARETSKA IRINA(AZE)
女子組手+68kg:植草歩(JPN)
男子組手-60kg:ASSADILOV DARKHAN(KAZ)
男子組手-67kg:五明宏人(JPN)
男子組手-75kg:西村拳(JPN)
男子組手-84kg:荒賀龍太郎(JPN)
男子組手+84kg:HORNE JONATHAN(GER)
男子個人形:喜友名諒(JPN)
女子団体形:研心館(JPN)
女子個人形:清水希容(JPN)
男子団体形:劉衛流(JPN)

【日本選手の結果】金8銀3銅8
女子個人形:清水希容 金メダル
女子個人形:岩本衣美里 銅メダル
男子個人形:喜友名諒 金メダル
男子個人形:新馬場一世 銀メダル
男子個人形:本一将 銅メダル
女子団体形:研心館(小川彩月・清水那月・梅景唯) 金メダル
女子団体形:慶應義塾大学(尾野真歩・城谷実怜・川上菜菜) 銀メダル
女子団体形:八雲学園高校(泉優里花・岩田彩菜・花岡瑠菜) 銅メダル
男子団体形:劉衛流(喜友名諒・金城新・上村拓也) 金メダル
男子団体形:浪速高校(笹岡丈流・松元風大・松元栞大) 銀メダル
男子団体形:帝京(在本幸司・本一将・本龍二) 銅メダル

女子組手-50kg:多田野彩香 銅メダル
女子組手-55kg:中村しおり 銅メダル
女子組手-61kg:染谷真有美 銅メダル
女子組手+68kg:植草歩 金メダル
男子組手-67kg:五明宏人 金メダル
男子組手-67kg:中野壮一朗 銅メダル
男子組手-75kg:西村拳 金メダル
男子組手-84kg:荒賀龍太郎 金メダル