【大会2日目結果】日本のエースたち、期待に応える決勝進出

9月7日、『KARATE1プレミアリーグ2019 東京大会』の大会2日目は男子個人形、女子団体形、男子組手-84kg級、+84kg級、女子組手-61kg級、-68kg級、+68kg級の計7種目の予選・敗者復活戦が行われました。

エスコートキッズの取り組み、また休日とも重なり、前日以上に朝から多くの観客が詰めかけたこの日。世界選手権の優勝経験がある日本のエース選手たちが、地元開催の期待に答えました。

男子個人形で世界3連覇中の王者・喜友名諒選手は、その力強い演武、点数が発表されるたびに観衆がどよめく凄さで、決勝に進出。喜友名選手とともに日本の男子形を引っ張っている世界ランク3位の新馬場一世選手も決勝に進み、日本選手同士の決勝が実現しました。女子団体形も、研心館チームと慶應義塾大学チームが勝ち上がり、日本勢同士の決勝になりました。

組手も、日本の男女のエースである2016年の世界王者、男子組手-84kg・荒賀龍太郎選手、女子組手+68kg・植草歩選手が声援を力に強豪選手を次々と下して決勝へ駒を進めました。

組手では、海外勢も世界選手権優勝経験のある選手が続々と決勝へ。 女子組手-61kgはジャーナ選手(エジプト・2014王者)、-68kgはアジェ選手(フランス・2014王者)とイリーナ選手(アゼルバイジャン・2018王者)、男子組手+84kgはホーン選手(ドイツ・2018王者)が進み、チャンピオンが勝負強さを示す結果となりました。

9/8、最終日は全種目の3位決定戦と決勝が行われます。

<9/7 大会2日目 決勝進出者・チーム>
男子個人形:喜友名諒(JPN)、新馬場一世(JPN)
女子団体形:研心館(JPN)、慶應義塾大学(JPN)
女子組手-61kg:HEURTAULT LEILA(FRA)、LOTFY GIANA(EGY)
女子組手-68kg:AGIER ALIZEE(FRA)、ZARETSKA IRINA(AZE)
女子組手+68kg:FERRACUTI CLIO(ITA)、植草歩(JPN)
男子組手-84kg:荒賀龍太郎(JPN)、POORSHAB ZABIHOLLAH(IRI)
男子組手+84kg:HORNE JONATHAN(GER)、ABAZARI SALEH(IRI)

<メダルマッチ進出の日本選手・チーム>
男子個人形:喜友名諒 決勝進出
男子個人形:新馬場一世 決勝進出
男子個人形:本一将 3位決定戦へ
男子個人形:金城新 3位決定戦へ
男子個人形:林田至史 3位決定戦へ
女子団体形:研心館(小川彩月・清水那月・梅景唯) 決勝進出
女子団体形:慶應義塾大学(尾野真歩・城谷実怜・川上菜菜) 決勝進出
女子団体形:八雲学園高校(泉優里花・岩田彩菜・花岡瑠菜) 3位決定戦へ
女子団体形:山梨学院大学A(竹原由菜・加藤華香・中尾江梨) 3位決定戦へ

男子組手-84kg:荒賀龍太郎 決勝進出
男子組手+84kg:安藤大騎 3位決定戦へ
女子組手-61kg:染谷真有美 3位決定戦へ
女子組手-61kg:鈴木眞弥 3位決定戦へ
女子組手+68kg:植草歩 決勝進出

文=空手道マガジンJKFan