【プレミアリーグとは?】世界を転戦!オリンピック予選シリーズ

■トップ選手だけの大会!年間を通して世界各地で開催

WKF(世界空手連盟)が主催し、2011年から始まった「KARATE1プレミアリーグ」。年間を通じ、世界各地で行なわれる国際大会のシリーズです。

2018年からは、WKF世界シニアランキングのトップ100位内の選手のみ、各種目64名までという出場制限が設けられ、世界のトップ選手だけが集う大会となりました。

2019年は、プレミアリーグは年間7大会が行なわれます。今回の東京大会が、第5戦です。プレミアリーグには、年間を通じて好成績を残し続けた選手に『グランドチャンピオン』という表彰があります。

【2019年のプレミアリーグ】
1/25~27 パリ大会
2/15~17 ドバイ大会
4/19~21 ラバト大会
6/7~9 上海大会
9/6~8 東京大会
10/4~6 モスクワ大会
11/29~12/1 マドリッド大会

■オリンピック予選シリーズの重要大会に!

プレミアリーグは、2020東京オリンピックの出場選手選考における予選大会となっています。

2018年7月から、オリンピック出場選手選考期間が始まっています。2020年4月まで、毎月のように開催されるプレミアリーグの各大会で好成績を残し続けることが、オリンピック出場への道になります。

文=空手道マガジンJKFan